学生の初めてのアルバイト

学生が春休み・夏休み・冬休みを利用してアルバイトをするのは、とても良いことではないかと思います。
社会人になる前に、社会経験をしておくと戸惑うことが少なくて済むからです。
学校や家の中では注意されないような些細なことでも、アルバイトとして給与を得るには許されないことが多々あり、頭を打つようなことがたくさん出てきます。
社会人になってから初めてこのような経験をすると立ち直れないという人もいるので、学生のアルバイトという状況で経験しておくと、免疫力がつくようになります。
学生の場合は、雇用側や同じく働く人の中に「学生だから」と許容してくれることが多いからです。少々のことは大目に見てもらうことがありし、また丁寧に教えてくれます。しかし、社会人になると一般常識の範囲は教えてくれることがありません。むしろ、知らない・できないことで叱咤されることが多くなります。仕事以前の一般常識で怒られてしまうので、仕事で不備があればその分また怒られてしまい、嫌な思いをすることが増えてしまうのです。
そして、仕事をするのが嫌になってしまいます。
今では、事前に一般常識と言われることを家庭内で学ぶことが少なくなっています。
アルバイトなどを通して学ぶことが増えてきているので、社会に出る前のトレーニングと考えて経験をしておくと良いでしょう。
アルバイトの応募方法はいろいろありますが、学生で長期休みの期間のみにアルバイトを希望する場合、友人と一緒に応募するという応募方法もあります。
初めてのアルバイトでも、友人と一緒であれば心強いものです。ただ、しっかりと自分と友人とは違う人間であることも理解しておきましょう。
仕事として考えることができる友人であれば、お互いにとって良いアルバイト経験になると思います。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です